メディア紹介

こちらのページでは、院長が携わった出版物等のメディア、院長が掲載されたメディアなどの紹介をしてまいります。

web

「ペットAlbum」というサイトで、院長がインタビューを受けました。
▶︎インタビューのページはこちら

岩槻市合併記念 新生さいたま市を彩る人(2006年発行)に院長が紹介されました

05
◀︎左の画像は、掲載されたページをコピー(院内に掲示)したものです。
※画像クリックで拡大表示されます。
 
 以下が記載されている文章です。


人間も含めたあふれる動物愛で世界的規模の活動を行っている親子三代の名獣医

 
瀬島孟は、地球規模で動物をこよなく愛する獣医だ。獣医一家に生まれ、自然流れで東京農工大学農学部獣医学科へ進み、獣医師となる。その後、東京大学家畜病院外科にて二年間研修生として学び母校農工大大学院修士終了、農学修士取得。大学院時代に、恩師と仰ぐ世界的権威の久米清治先生と出会い、犬フィラリアの研究に携わったことが、瀬島の獣医としての「本気」を目覚めさせたのだった。母が子宮ガンで逝き、そのショックのあまり父が憔悴しきった姿を見て、昭和十年に開業された埼玉県で初の小動物専門病院「せじま動物病院」を継ぐ決心をする。今のようなペットブームが来る以前のこと。獣医といえば牛や馬といった家畜を診る医者と思われていた時代だった。
 病院を継いでからは、日々の診察以外にも動物を愛する活動を積極的に行ってきた。
 埼玉県動物愛護協会の設立に奔走したり、動物愛護週間に手弁当で発起人になり、数々の有力者に働きかけて動物愛護の啓蒙のためのイベントを開催する等、自分の力でできる事は何にでも取り組んできた。最近では、犬猫などの小動物を正しく飼うことを教える事で動物虐待を塞ぎ、こどもの情報教育を行う活動、「埼玉
国際青年を育てる会」でのボランティア、世界平和女性連合での女子留学生を支援する活動等、人間も含めた動物愛で世界的規模の活動を行っている。
 母のみならず、よき理解者であった愛妻をもガンで失うという不幸を乗り越えた瀬島はもともと好奇心が旺盛で、ジャズを英語で歌わせたらプロ級、俳句を嗜むー俳号は酒望(しゃぼう)ーなど情緒豊かで多彩な文人、磊落と繊細さを合わせもつ魅力あふれる人物だ。そんな父の姿を見て、アレルギーと闘いながら、娘もまた獣医になった。親子三代に渡る「せじま動物病院」は、『生命』という深遠なるテーマを瀬島流に咀嚼し、その重みを愛ある実践により支える場所といえよう。

句集「印度の神」、句集「偉人の館」

04院長は洒望(しゃぼう)の俳号で句集を出版しています。
 
 
 
 
 
 
 
 

年老いた猫との暮らし方

03英語で出版されている「年老いた猫との暮らし方」の日本語訳を院長が監修しました。
また、この本のあとがきは院長が書いています。
▶︎書籍紹介のページはこちら
 
 
 
 
 
 

「やっぱり猫は不思議。」

01クロワッサンの特別編集
「やっぱり猫は不思議。」です。
「年老いた猫のために、気をつけてあげたいこと。」の中で、院長が年老いた猫の健康管理について対談形式で話しています。
02

仔犬のはじめてのシャンプー

22_300お家に新しく迎えた仔犬。
仔犬にとっては、どんなことも「最初の経験」がとても大切です。
体験したことが「楽しかった」か「嫌だったか」によって、そのことに対する印象が決まってしまうからです。
「ものすごく嫌」だったり「ものすごく怖い」思いをすると、その後のワンちゃんの性格形成や、飼い主様との信頼関係に影響してしまうこともあります。
 
はじめてのシャンプーも同じです。
28_300お水に濡れるのも、ドライヤーの風が当たるのも、ハサミやブラシが体に当たるのも、それらの音も、はじめてのトリミングは、ドキドキすることだらけ。
飼主様もまた、「ワンちゃんの顔ってどうやって洗うの?」「爪はどこまで切ったらいいの?」「肛門腺てどうやってしぼるの?」「耳掃除って綿棒入れればいいの?」
・・・「?」だらけでおっかなびっくり洗うのではないでしょうか。
 
慣れない手つきであちこち触られたり、顔にお水がかかって驚いたワンちゃんは大暴れ、それでも可愛い仔犬を懸命に洗おうと頑張る飼主様。
その必死の形相にワンちゃんはさらにびっくりします。お風呂場で大乱闘の末、びちょびちょの飼い主様とシャンプー嫌いのワンちゃんができあがります。
そんな経験はないでしょうか?
 
10_300はじめてのトリミングはプロにお任せください。
ワンちゃんを怖がらせないように、ベテランのトリマーがやさしく、楽しく、トリミングに慣らしていきます。
やさしく抱っこして声をかけながら、少しずつ水に濡らしたり、お耳や肛門腺も無理せず少しずつ触られることに慣らしていきます。
ワンちゃんが疲れたら休憩したり、ちょっと遊んで気を紛らわしながらお手入れします。
終わった後は、いい子で頑張ったご褒美のおやつと遊び。
トリミングが大好きになること間違いなし!です。ワンちゃんが慣れてしまえば、お家でも簡単に洗えるようになります。
 
15_300これから一生しなければならないトリミング。
嫌いになったらストレスにしかなりません。
パピー割引もあり、ご利用しやすくなっています。
ファーストトリミングは当店にお任せください。

×
健康面で心配なワンちゃんのトリミング

DSCN8384_300健康面で心配なワンちゃんのトリミング
・・・持病がある、心臓の薬を飲んでいる、椎間板ヘルニアになったことがある、高齢で足元がふらつく。
ワンちゃんの体に負担はかけたくないけれど、高齢になるほど体臭が気になる、伸びてくる毛をなんとかしたい・・・。
多くの飼い主様のお悩みです。
そんなワンちゃんの体調をみながらトリミングします。
事前の診察で健康状態を把握し、なにかあれば獣医師が対応できる体制でトリミングします。
動物看護の心得のあるトリマーが、負担をかけない方法で、短時間でお手入れいたします。
 
 

DSCN8296_300いぬのとこやさんポゥでは、デイケアサービスも受付けています。

 
 
 

など、ワンちゃんの状態や飼い主様のご要望に合わせ、ご相談しながらメニューを組み立てます。

ペットの世界も高齢化がすすみ、加齢や病気により、介助が必要なワンちゃんをお世話されてる飼主様が増えています。
愛情をもってお世話していても、なかなか思い通りにいかないこともれば、いつもワンちゃん中心の生活というわけにもいきません。

DSCN8286_300

 
こんなお悩みがあれば、いつでも当店にご相談ください。

×
季節の薬草風呂

季節の薬草風呂5~6月

ビタミンCたっぷり バラ&芍薬の花びら風呂

 

 

湿気と気温が上がり、カビや雑菌が悪さをする6~7月。この季節に美しい花を咲かせるバラには豊富なビタミンCと強い殺菌力があります。

芍薬もまた5月のバラ」と呼ばれ、消炎・鎮痛など優れた薬効と優雅な香りをもっています。
バラと芍薬(シャクヤク)の花びらで暑い夏にそなえて、ワンちゃんをアンチエイジングしてあげましょう。

バラの花には、ビタミンC,ビタミンE,ポリフェノールなどの抗酸化作用のある栄養素が含まれ、アンチエイジングに有効です。昔から中国でも、バラの原種である玫瑰(マイカイ)は体を温め循環を良くするとされ、花のつぼみをお茶にして、女性の為の生薬として使われてきました。
芍薬の有効成分はペオニフロリンと呼ばれる成分で鎮痛、鎮静作用を持ち、筋肉に緊張をやわらげたり血管の働きを良くするといった効果があります。主に冷えや貧血、ホルモンの不調などに働きかけます。漢方として根がよく利用され、花は大輪の豪華な花を咲かせます

バラ&芍薬風呂は、抗酸化成分がワンちゃんの皮膚や被毛の潤いを保ち、代謝・血行促進作用が、筋肉の凝り、冷え性、むくみなどを改善します。
また、バラの香り成分であるゲラニオールが、ストレスや緊張を緩和し、抗菌・殺菌作用が皮膚や被毛をカビや雑菌から守ってくれます。

通常のシャンプーまたはシャンプー&カットコースにプラス¥800(税別)でご利用いただけます。ご予約時にお申し付けください。

 

 

 

×
今月のキャンペーン

はじめてご利用のお客様に、ナチュラルハーベストのフードをプレゼントしています。

季節の薬草風呂をご利用のお客様に、ナチュラルハーベストのフードをプレゼントしています。

フードのご相談にのりますので、食べているものを見直してみたい方は、お気軽にお声掛けください。

 

狂犬病予防注射実施中です。

 

×
Top