ブログカテゴリー: せじま動物病院

2022年07月

吉野本葛とマコモがコラボした和漢葛あんのご紹介

日本獣医中医薬学院学院長 山内健志先生監修、吉野本葛とマコモがコラボした和漢葛あんをご紹介します。

日本古来のスーパーフード”吉野本葛”に、薬膳や漢方によく使われる、”枸杞”、”大棗”、”干生姜”を配合。カラダに優しい”黒砂糖”を用いて、あっさりとした甘さにし、マコモを加えてできたのが和漢葛あんです。

寒がり、お腹を壊しやすい、嘔吐しやすいなどの消化器症状はもちろん、高齢の動物でイライラしやすい、落ち着かないなどの精神不安にも効果が期待できます。

また、肝臓や腎臓の機能低下にも食事に混ぜて与えたり、葛湯としておやつ代わりに与えてください。”漢麦大棗グラノーラ”をふやかしたり、マコモのソフトクッキーと混ぜたりしてもして使うこともできます。

仔犬のはじめてのシャンプー

22_300お家に新しく迎えた仔犬。
仔犬にとっては、どんなことも「最初の経験」がとても大切です。
体験したことが「楽しかった」か「嫌だったか」によって、そのことに対する印象が決まってしまうからです。
「ものすごく嫌」だったり「ものすごく怖い」思いをすると、その後のワンちゃんの性格形成や、飼い主様との信頼関係に影響してしまうこともあります。
 
はじめてのシャンプーも同じです。
28_300お水に濡れるのも、ドライヤーの風が当たるのも、ハサミやブラシが体に当たるのも、それらの音も、はじめてのトリミングは、ドキドキすることだらけ。
飼主様もまた、「ワンちゃんの顔ってどうやって洗うの?」「爪はどこまで切ったらいいの?」「肛門腺てどうやってしぼるの?」「耳掃除って綿棒入れればいいの?」
・・・「?」だらけでおっかなびっくり洗うのではないでしょうか。
 
慣れない手つきであちこち触られたり、顔にお水がかかって驚いたワンちゃんは大暴れ、それでも可愛い仔犬を懸命に洗おうと頑張る飼主様。
その必死の形相にワンちゃんはさらにびっくりします。お風呂場で大乱闘の末、びちょびちょの飼い主様とシャンプー嫌いのワンちゃんができあがります。
そんな経験はないでしょうか?
 
10_300はじめてのトリミングはプロにお任せください。
ワンちゃんを怖がらせないように、ベテランのトリマーがやさしく、楽しく、トリミングに慣らしていきます。
やさしく抱っこして声をかけながら、少しずつ水に濡らしたり、お耳や肛門腺も無理せず少しずつ触られることに慣らしていきます。
ワンちゃんが疲れたら休憩したり、ちょっと遊んで気を紛らわしながらお手入れします。
終わった後は、いい子で頑張ったご褒美のおやつと遊び。
トリミングが大好きになること間違いなし!です。ワンちゃんが慣れてしまえば、お家でも簡単に洗えるようになります。
 
15_300これから一生しなければならないトリミング。
嫌いになったらストレスにしかなりません。
パピー割引もあり、ご利用しやすくなっています。
ファーストトリミングは当店にお任せください。

×
健康面で心配なワンちゃんのトリミング

DSCN8384_300健康面で心配なワンちゃんのトリミング
・・・持病がある、心臓の薬を飲んでいる、椎間板ヘルニアになったことがある、高齢で足元がふらつく。
ワンちゃんの体に負担はかけたくないけれど、高齢になるほど体臭が気になる、伸びてくる毛をなんとかしたい・・・。
多くの飼い主様のお悩みです。
そんなワンちゃんの体調をみながらトリミングします。
事前の診察で健康状態を把握し、なにかあれば獣医師が対応できる体制でトリミングします。
動物看護の心得のあるトリマーが、負担をかけない方法で、短時間でお手入れいたします。
 
 

DSCN8296_300いぬのとこやさんポゥでは、デイケアサービスも受付けています。

 
 
 

など、ワンちゃんの状態や飼い主様のご要望に合わせ、ご相談しながらメニューを組み立てます。

ペットの世界も高齢化がすすみ、加齢や病気により、介助が必要なワンちゃんをお世話されてる飼主様が増えています。
愛情をもってお世話していても、なかなか思い通りにいかないこともれば、いつもワンちゃん中心の生活というわけにもいきません。

DSCN8286_300

 
こんなお悩みがあれば、いつでも当店にご相談ください。

×
季節の薬草風呂

季節の薬草風呂5~6月

バラ&芍薬 花びら風呂

バラ

湿気と気温が上がり、カビや雑菌が悪さをする5~6月。この季節に美しい花を咲かせるバラには豊富なビタミンCと強い殺菌力があります。

芍薬もまた「5月のバラ」と呼ばれ、消炎・鎮痛など優れた薬効と優雅な香りをもっています。
バラと芍薬(シャクヤク)の花びらで暑い夏にそなえて、ワンちゃんをアンチエイジングしてあげましょう。

バラ&芍薬風呂は、抗酸化成分がワンちゃんの皮膚や被毛の潤いを保ち、代謝・血行促進作用が、筋肉の凝り、冷え性、むくみなどを改善します。
また、バラの香り成分であるゲラニオールが、ストレスや緊張を緩和し、抗菌・殺菌作用が皮膚や被毛をカビや雑菌から守ってくれます。

通常のシャンプーまたはシャンプー&カットコースにプラス¥880(税込)でご利用いただけます。炭酸トリートメントと併せてご利用いただくと、より効果的です。ご予約時にお申し付けください。

7~8月はアーユルヴェーダ ハーブ風呂です。お楽しみに!

×
今月のキャンペーン

ご新規プレゼント

当店をはじめてご利用のお客様に、ナチュラルハーベストのフードをプレゼントしています。

フードのご相談にのりますので、食べているものを見直してみたい方は、お気軽にお声掛けください。

 

 

×
高濃度炭酸泉トリートメントのご案内

炭酸泉とは
炭酸ガスが溶け込んだお湯で、ラムネ温泉とも呼ばれています。
医療先進国ドイツでは「心臓の湯」と呼ばれ、心臓に負担をかけずに血液の循環を良くすることから、生活習慣病の保険適応の治療、療養、リハビリなどに利用されています。日本国内500か所以上の国公立病院で生活習慣病などのメディカルケアとして使用されています。

美容効果

サラサラ・ふわふわ・つやつやの毛質に。
炭酸の細かい気泡が毛穴の汚れもしっかり洗浄。べたつきが取れて、体臭も無臭状態になります。
カット長持ち、無臭状態も長持ち
白の被毛は真っ白になります。

デトックス効果

皮膚から吸収された炭酸ガスによって、脳が血流を3~5倍増加させ、酸素の供給を増やします。新陳代謝が活性化し、老廃物が排泄されます。

免疫力アップ

毛細血管の血流が大幅に増加し、抹消まで血液が届きます。
新陳代謝がよくなり、内臓も活性化、体温が上がり免疫力がアップします。

ワンちゃん・ネコちゃんに期待される効果がこんなにたくさん!!

皮膚トラブルの改善

pH4.5の弱酸性のお湯が地肌のコンディションを整え、マラセチアやブドウ球菌の繁殖を抑えます。
フケ・脂症・乾燥肌・かゆみ・赤み・炎症などの犬の皮膚トラブルを改善することが学会で発表されています。

痛みの緩和

血管が広がり、血流量が増えるので、筋肉の凝り、ヘルニアなどの腰痛、関節痛が緩和されます。
通常の3倍の保温力があり湯冷めしにくいので高齢犬にもおすすめです。

柴 15歳♂ 皮膚の悪い子に特有の臭いや、シャンプーだけではなかなか落ちなかったべたつきが1回の炭酸トリートメントでしっかりとれた。
漢方とステロイドで治療しながら、週1回の炭酸トリートメント利用。

▶4か月後

▼4か月後

炭酸泉による美容のメカニズム

①炭酸ガスが血管を拡張し血流がよくなり酸素の供給が増える
②炭酸ガスがヘモグロビンから酸素を放出させる
③皮膚細胞が酸素を吸収する
④皮膚細胞の新陳代謝が活性化する
⑤老廃物や色素が排泄される
⑥ヒアルロン酸などのバリヤー成分が分泌される
⑦脂肪代謝が活性化される
⑧コラーゲン合成が活性化される

シャンプーまたはシャンプー&カットコースにプラス¥1,100(税込)でご利用いただけます。
初めてご利用の場合は、温泉(または薬草風呂)と併用すると¥550(税込)でお試しいただけます。ご予約時にお申し付けください。

×
Top